練習作品【キリン】を作ってみよう!!

バルーンアートの楽しさを伝える、バルーン、ファン! 練習作品【キリン】を作ってみよう!!

バルーンアートのきりんさん

バルーンアートの楽しさを伝える、バルーン、ファン! まずは風船1本でできる作品で練習を。
単純な作品ですが、いろんなひねりの練習になります。
あと、バルーンアートに必要な「バランス」の取り方もわかってくると思います。 バルーンアート、作ってみてわかることは、「バランスが難しい」・・・ってこと。
最初はうまくバランスがとれないかも知れませんが、
何度か作っているうちに可愛い形に作れるようになります。

右の写真は、キリンです。
黄色のバルーンで作ればもっとキリンっぽく見えたと思うのですが・・・

キリン作りのポイントは、「首の長さ」
「キリンだもん、首は長くね♪」とやたらめったら長さをとると 胴体や足の短いキリンになってしまいます・・・ 顔の長さと首の長さのバランスを上手に取ることで、 キリンっぽいバルーンアートになると思います♪

レッツトライ☆

  • 風船アートのキリン バルーンをふくらませます。

    バルーンアートのキリン、1

    半分ほど空気を入れた段階で、よくほぐしてバルーンの尻尾まで空気を送ります。
    風船をほぐしながら空気を入れ、風船のしっぽが10cm余るあたりで風船を閉じます。
    (風船の尻尾の余りはとても大切。
    間違っても風船がぱんぱんになるまで空気を入れてはいけません)

  • 風船アートのキリン 顔の部分をひねります。

    バルーンアートのキリン、2

    バルーンの端から6cmのあたりでひねります。
    ここで、さらっと重要なことを書きますが・・・

    ・これが、基本のひねり。
    ・ひねってできたパーツを、バブルと言います。
    ・ひねる方向は常に同じ方向に。ひねった後2〜3度回しましょう。

    1つめにひねったパーツ(バブル)がキリンの顔の部分になります。

  • 風船アートのキリン 耳の部分をひねります。

    バルーンアートのキリン、4 バルーンアートのキリン、4 バルーンアートのキリン、4

    続けて2cmのバブルを2つたて続けにひねります。
    これが、キリンの耳になる部分。

    気をつけたいことは、先に作った顔のパーツ。
    放っておくとひねりが解けて元に戻ってしまいます。
    左手は、新しいバブルを作るためのサポート+、先に作ったバブルを崩さないようキープする役目。
    慣れるまでは足などを使って固定してしまっても良いと思います。

  • 風船アートのキリン いきなりの大技、たらこひねり。

    バルーンアートのキリン、5 バルーンアートのキリン、5 バルーンアートのキリン、5

    初心者には、何とも恐ろしい難所。それが、たらこひねり
    慣れれば簡単なんですが、慣れるまでが恐ろしい・・・
    しかし、たらこひねりなくしてはバルーンアートは不可能。
    バブル同士のキープ力もありますので、たらこひねりの後の左手もフリーに。

    バルーンアートのキリン、6

    耳が2つの、キリンの顔が完成しました。
    (斜め後ろから見ている感じ)

  • 風船アートのキリン 首、前足パーツをひねります。

    バルーンアートのキリン、6 バルーンアートのキリン、6 バルーンアートのキリン、6

    顔の次は、首の部分、25cmバブル、
    続いて10cmバブルを2つ、計3つのバブルをまとめてひねり、
    10cmバブル2つをたらこひねり。
    これでキリンの長い首(25cmパーツ)と、前足(10cmパーツ)の完成。

  • 風船アートのキリン いよいよ作品は佳境に。胴体、後足の制作。

    バルーンアートのキリン、7 バルーンアートのキリン、7 バルーンアートのキリン、7

    胴体部のパーツとして、8cmバブル1を1つ、
    足パーツとしてバブル8cmバブルをさらに2つ、合計3つひねります。

    このあたりから難しくなってくるのが、風船の余りのバランス。
    私は早速首に長さを取り過ぎたので、やや胴の短いキリンさんに。
    前足と足の長さを揃えると、可愛い形になります。
    風船の余りのパーツは尻尾に。

    バルーンアートのキリン、完成

    キリンの完成。
    この作品は、まさにバルーンアートの原点ともいえる作品。
    パーツの長さを変えたり、少し応用を加えることで色んな動物に変化させることができます。

    例えば同じ手順でバブルの長さを全て9cmで作ると、【犬】に。
    ウサギを作る場合は、耳を長く。後足を大きめに作って、前足を後足のたらこひねりにいれこみます。