バルーンを知る、選ぶ

バルーンを知る、選ぶ バルーンを知る、選ぶ

バルーンアートの楽しさを伝える、バルーン、ファン! さてさて、ではいよいよバルーンを買って、トライしてみる!?ってことになりますよね。
ここでは簡単にバルーンの種類や選び方について。
風船は独特のルールがあるので、知っておくと購入の際にスムーズですよ

  • ペンシルバルーンについて ペンシルバルーンのサイズ

    バルーンアートをするのに欠かせない細長い風船。
    ツイストバルーン、アートバルーンなどとも呼ばれているようです。

  • ペンシルバルーンのサイズについて 260S、350Qって??

    ペンシルバルーンを探す際、こんな表記を見かけることがあると思います。
    これには風船の基本情報が詰まっているので、知っておくとかっこいいと思います

    260S、これは2+60+Sと分解され、
    ・2=太さの表示(2インチ、約5cmを意味します)
    ・60=長さの表示(6インチ、約15cmを意味します)
    ・S=センペルテックス社製(sempertex)、を意味。その他、クオラテックス(Qualatex)のQ、など

    を、それぞれ表しています。
    知ってしまえばとっても分かりやすい表記なのですが、知らないとちょっとどっきりします。

  • 風船の種類 初心者向けの風船って?

    バルーンアートをする際に基本的な大きさは、260。
    扱ってるお店も多いし、多くの作り方の本にも一番多く使われています。
    適度な大きさなので、まずはこのサイズか始めてみてはいかがでしょう。

  • qualatex,sempertexなど、バルーンのブランド バルーンのブランド

    私は特にブランド志向ではないのですが・・・バルーンはブランド品を選びました(笑)

    パルーンアートに使う風船は、100円ショップなどでも販売されています。
    でも、風船は、ゴム。質が悪かったり、長らく売れていなくて蛍光灯などにあたっていたら、劣化もします。
    なので、本番の作品用にはブランド品を、練習には100円ショップのバルーンを・・・
    なんて使い分けていました。
    風船専門店の風船は、色も綺麗。

    以下に参考までに、日本で扱われることの多いバルーンを紹介します

  • クオラテックス(qualatex) クオラテックス(qualatex) クオラテックス【Qualatex】

    私が使っているのが、こちらクオラテックス【Qualatex】の260Q。
    日本で一番扱うお店が多いのでは。
    バルーン界のトップブランド。
    質が最も良い、とされていますが、その分一番お高い。
    色の種類もべらぼうに多いです。

  • センペルテックス(sempertex) センペルテックス(sempertex) センペルテックス【Sempertex】

    クオラテックス社のバルーンに比べて、若干質が落ちるようです。
    でも、安価。
    使い比べてないので、なんとも言えませんが、決して悪くない品質のトップブランド品。
    シェイプバルーンという、変わった形のバルーンも沢山揃っています。

  • 鈴木ラテックス 鈴木ラテックス 鈴木ラテックス

    バルーン製品のほとんどが海外からの輸入に頼っている中、日本ブランドのバルーン。
    おもちゃ屋さんとかでよくみかけます。
    バルーンアートという存在を広く日本に知れ渡らせた風船なんだとか。
    こちらの商品のみ、260のサイズを「標準」、160サイズを「細」と表記しています。
    これ1つでバルーンアートを始めることができるようセットされていますが、
    単色カラーでの販売はなく、いろんな色の入ったアソートパックのみの販売。

風船を使ったギフト・アート これだけ知っていれば、大丈夫!!(何が?)
さぁ、早速バルーンを入手しに出かけましょう。
次は・・・私が最も困った 「バルーンの入手方法」をご紹介。