バルーンを買う・材料を揃える

バルーンアートの楽しさを伝える、バルーン、ファン! バルーンを買う・材料を揃える

バルーンアートの楽しさを伝える、バルーン、ファン! ではいよいよ、バルーンを買いにでかけましょう!!ってなって・・・私と友人は途方に暮れました。
バ、バルーンって・・・どこで買えるの??
なもんで、ここではバルーンアートに必要な材料や入手方法など、ご紹介します。
主婦なので、どうやったら安く良いものが仕入れられるか、いろいろやってみましたぁ。

  • バルーン制作の目的 バルーンアート、どんな風に楽しむ?

    どんな目的でバルーンアートを始めますか?ここも、重要!
    例えば・・・

    まずは練習してみてから始めるか検討したい・・・(慎重派さん)
      →100円ショップでバルーンセットを買ってみて、トライ。
        簡単な作り方が記載されていて、ちっこくてもポンプがついてるものを選びましょう。

    とにかくやってみるよ!練習あるのみ・・・(行動派さん)
      →早速クオラテックス【Qualatex】社製、センペルテックス【Sempertex】社製などのバルーンを手にしましょう
        100本のアソートパックなら、量もたっぷり入っているし練習にも最適です。

    いやいや!もう作りたい作品も決まってるんです(芸術派さん)
      →初めっから、「ミッキーマウスのバルーンを作ってプレゼントしたい!」なんて決まっている人。
        多くのバルーンアートの作品は、同じ色ばかりを消費します
        その場合はカラーアソート(色んなカラーがミックスされて入っている)を購入するよりも、
        単色カラーパックを購入してひたすら練習するのが○。
        単色カラーを常備している常設店は少ないので、インターネットなどで購入すると良いと思います。

  • まず、必要なものを確認 まず、必要なものを確認

    バルーンアートをする際に基本的な大きさは、260。
    それより大きな作品を作りたい!という場合には1つ上のサイズを選びましょう。
    あと、必要であれば目玉シール。
    マジックインキでも書き込めますが、風船によってよれて綺麗に書けなかったり、
    あっという間にペンを使えなくしてしまうことも・・・

    そして、バルーンアートに必要不可欠なもの!!
    それは・・・
    ポンプです。

    バルーンアートに欠かせない、ポンプ

    上の写真は私たちの愛機、ポンプです。
    写真の左の小さい黄色いものは、100円ショップで購入したもの。
    左はクオラテックス【Qualatex】社製のポンプ。

    ポンプには大きく分けて2種類あり、引いても押しても空気が出るタイプと、
    押した時だけ空気が出るタイプ。私のは後者。
    押しても引いても空気入るなら早いじゃない!?と思ってたら、そのタイプは壊れやすいとか。

    ポンプの存在、侮ってはいけません!!
    ましてや、「口で膨らませられるからポンプはいらないよ」なんて、言語道断!
    絶対頭くらくらして、慌ててポンプを買いに行くことになります。
    加えて言うと・・・ポンプだけは100円ショップのものより、ブランド品のほうが良いと思います。
    クオラテックス【Qualatex】社製のポンプは500円程で購入できます。

    バルーンは特に何も言いませんが・・・ポンプだけは、いいのん買っとけ!!

  • qualatex,sempertexなど、バルーンが買えるところ バルーンって、どこに売ってる?

    女子二人、お茶をしながらバルーンアートを作って友人の結婚式にプレゼントしようと決定。
    そこで問題が・・・
    バルーンって、どこに売ってるの??
    すっかりおもちゃ屋へも行かなくなって久しいため・・・
    風船がどこに売ってるのが、初め全くわからなくて困りました。

    バルーンはこんなところで売っています
    100円ショップ:あるお店と全く扱っていないお店があります。
    トイザらス :主にクオラテックス【Qualatex】社製、鈴木ラテックス社製のものを見かけます
    ホームセンター :おもちゃコーナーなどに鈴木ラテックスのセットが置いてあることも
    東急ハンズ :定価でクオラテックス【Qualatex】社製のものメイン。パーティグッズコーナーにて。
    ロフト:東急ハンズに同じ。どちらも定価なのはちょっと痛い
    バルーン専門店・縁日屋:ショップを見つけるのは至難の業
    インターネット:ネットではあらゆる商品が揃ってます。

  • qualatex,sempertexなど、バルーンが買えるところ 100円ショップのバルーン

    私は100円均一のショップが、好き。
    他では高い商品を100円で見つけると、とてもハッピー。
    だけど、100円均一のショップの商品って、やっぱり品質的に良くなかったり、すぐ壊れたりもします。
    手芸用品でも、スナップボタンなどを100円ショップで購入すると、
    うまくスナップ同士がくっつかず、使えないことも。

    んで、100円ショップのバルーンってどうなのよ、って話。
    実際、私と友人では結論が違いました。
    私:100円のバルーンでも問題ないじゃない!!
    友人:空気入れるだけで破れてしまって、バルーンアートどころじゃないわ!!

    でした。5割の確率で、お勧めできません・・・

    100円ショップのバルーン

    100円ショップも数店回りましたが、ペンシルバルーンを全くおいていないショップもありました。
    写真は100円ショップで購入したバルーンたちですが、
    一番左のバルーンはポンプ付きだけど、バルーンがちょっと短い(作品を作りにくい)。
    中央のは長さは十分だけど、7本しか入っていない。(ネットで特価のブランド品買うほうが安い)
    なんて問題も。
    バルーンは使用期限などに厳しくないため、お店によっても品質にばらつきがある様子です。

  • じゃあ、インターネットだと安いし、どんなバルーンでも買えるのでは!?という話なのですが、
    全くもって、その通り。インターネットさえ使えれば、一番安値で質の良いバルーンを買うことも。
    でも・・・盲点なのは・・・送料。
    バルーンはよっぽど大量に買わないと、送料が別途かかってきます。平均500〜1000円程度。
    なので、お試し程度の少量バルーンを何度も買っていると・・・割高に。
    それでもバルーンを求めて交通費を使うよりはいいかな?って話です。

    ちなみに、銀色のフィルムでできていて、形も大きさも自由時際の風船のことをフイルムバルーンと呼ぶそうです。

風船を使ったギフト・アート ちょっとじらしすぎてるでしょうか?
早くバルーンを触ってみたくて仕方のない方へ!
次はいよいよ、 「バルーンの保存と準備」。ようやくバルーンを手にできます。